ロスミンローヤル,背中のシミ

背中のシミは気づいたときにはかなり悪化していることが多い。
前は鏡で見えるけど、背中までチェックする人は少ないでしょう。
背中をケアする人も少ないということもあって放置されがちなのが背中です。

だから背中ニキビも悪化して初めて対処しますよね、だからニキビ跡にもなりやすく後にシミとなってしまう。
ここでは背中のシミのケア方法、早めの予防対策について説明していきます。

背中のシミを消すために効果的な3つの方法

背中のシミを消すために効果的な方法が3つありますのであなたのライフスタイルに合わせて、背中のシミの具合に合わせて治すための参考になると思います。

背中のシミに最もおすすめな方法は「飲み薬」

シミを消したいと思ったら自宅でできる最も効果的でオススメな方法は内服薬を飲むこと。

全身に効くので背中のシミだけでなく顔、手、足など背中以外のシミにも効果があります。
しかも、背中を含めた全身のシミを薄くするだけではありません。これからできるシミ予備軍を表に出さず、また予防にもなります。

これはシミが出来始めてしまうメカニズムとして乱れがちな女性ホルモンが原因の一つにあります。
この女性ホルモンを整えてくれる働きもあるため、何となく調子の悪い方にもオススメです。

シミに効く内服薬を飲むことでシミを作る原因のメラニン色素の生成を抑えることができますし、肌のターンオーバーが促進されシミ予備軍が表面化しない環境を作り上げます。

どんな成分が入っているとシミに効き、メラニン色素の生成を抑えてくれるかというと、ビタミンC、Lシステインが代表格。
しかもこの2つは同時に摂った方が相乗効果がありより効果が発揮されるのです。

巷にあふれているシミに効果的なサプリメントや医薬品にはビタミンCとLシステインが必ず入っています。飲んだことがある方も多いのではないでしょうか?
できれば飲み続けて体全体をシミが出来にくい状態に保つことがとても重要です。
飲んだり飲まなかったりすると本来の効果が発揮されませんので飲み続けることをおすすめします。

ビタミンCとLシステインさえ入っていればいいのか?というとそうではなくて、もともと血流が悪くて冷え性の方は血流が良くなる成分も一緒に摂取した方が良いとされています。
せっかく有効成分を摂取しても血流が悪ければ体の隅々まで栄養素を運ぶのが難しくなるのです。

じゃ何を飲めばいいのか?となりますが、血の巡りが良くなる漢方薬などを一緒に摂取すると良いとされています。
ただ、別にまた飲むのは面倒なので一緒になっているものを選ぶと良いでしょう。

オススメしているのは「ロスミンローヤル
シミやそばかすを薄くする効果がだけでなく、国内で唯一小じわにも効果があるとされています。その他、冷え性、更年期症状、便秘、肩こり、腰痛などにも効果が波及しております。

クリームで背中のシミをケアする・保湿する「美白化粧品」

背中のシミも顔のシミと同じで美白化粧品が重宝します。
最近は背中専用のクリームも出ていますが、面倒なら顔を美白するために使っている美白化粧品を背中にも使っていいのです。

直接背中のシミにつけることで、今あるシミとこれからできる「シミ予備軍」にも働きかけてくれてシミが薄くなる、予防することもできるとされています。
顔につける美白化粧品はかなり高額なものが多いので、背中など広範囲に使うには勿体ない...という声も聞こえてきます。
その場合は、背中専用のクリームを別に購入すると良いでしょう。

手軽な方法ではあるけれど、背中だけのためにクリームを購入する場合も顔に使っている美白化粧品を使う場合でもコスパの面で躊躇してしまうのがイタイところです。

皮膚科でレーザー治療する

背中のシミが薄くなるのを待ってられない!すぐに消したいという方はレーザー治療を受けることでしょう。
効果が出やすく早く治り満足できるのは皮膚科でレーザー治療を受けることです。

ただシミのレーザー治療は美容になるので保険が効きません。お金がかなり掛かってしまうのがデメリット。

またシミのレーザー治療を受けたとしても、その時は一旦治っても再発する可能性が高く、治療後の赤みや色素沈着が起こらないように内服薬を処方されます。
できれば飲み続けると、その後出来るであろうシミ予防になります。

レーザー治療を受けた場合でも自分でしっかりケアすることが必要になります。

背中のシミを消すための効果的な方法を総括

3つの方法を見ていかがでしょうか?

美白化粧品を使ってシミを薄くするにしても、皮膚科でレーザー治療するにしてもシミ予備軍が表に出てくることを考えると一時的なケアでは追われない。
継続することが必要になります。

以上のことを踏まえて総括すると、シミを薄くする、シミ予備軍を表面化させない、背中だけでなく顔や手など他の部位にも効果的な「内服薬」を取り入れるのが現実的だしコスパが良いと考えられます。

内服薬を飲んでも背中だけでなく全身に効果が回る。またシミだけでなく代謝がアップして肌のターンオーバーの促進の手助けにもなるのでアンチエイジングにもなる。
飲み続けることで効果が続行するので、取り入れるとすれば「内服薬」が賢い選択だという総括になりました。