ロスミンローヤル 効果ない,ロスミンローヤル 効果

ロスミンローヤルを飲み続けていると、

「肌荒れがしなくなった」

「メイクのりが良くなった」

「ニキビが出来にくくなった」

「ニキビが出来ても小さくなるのが早い」

「肌の色が明るくなった」

「乾燥肌が緩和した」

「肩こりが良くなった」

「冷え性が改善した」

等々、効果を少しずつ感じてくる人がいらっしゃる一方で、”効果ない”と感じる人がいるのも確かです。

ここでは「ロスミンローヤルを飲んでも効果ない」と感じる方の特徴をまとめました。


ロスミンローヤルを飲んでも”効果ない”と感じる人たち

ロスミンローヤルを飲んでも効果が感じられない…と口コミにもたまにあります。

ある一定の人たちが効果がないのかについて特徴をまとめました。

1.1日3回(9錠)の用量を守れていない

ロスミンローヤルは第三医薬品なので過剰摂取は副作用のリスクを高めてしまいます。
その為、1回3錠を食後に飲むことをお願いしています。

この回数が減る分、効果の現れ方も時期が変わってきます。
まずは1回3錠、1日3回を食後に飲むことを習慣化してください。

飲めなかった方は、キッチリ3回飲んでいる方に比べると効果が出にくくなる可能性が高くなります。

2.せっかちになってしまう

シミ・小じわに効く医薬品だからと思って飲む女性は、シミや小じわに悩んで悩んで飲み始める傾向にあります。
その為、効果を早く求めてしまうのです。

用量用法を守ってキッチリ飲んでいるのに、1ヶ月経っても効果がない…とシミ・小じわに特化して考えると変化が全くないと感じてしまう。

視点を変えて、”肌が乾燥しにくくなった””肌の乾燥しにくくなった””肌荒れしてない”などの小さな変化を見落としているかもしれません。
出来てしまったシミや小じわが目に見えて変化するのは、長く続けてこその効果になります。

何らかの肌の変化が起こっているということは、続けることでシミや小じわにも徐々に変化が現れるだろうと気長に飲み続ける方の方が良さを感じているようです。

シミや小じわに変化がないからと1瓶飲んでしまった時点で止めてしまう方は「効果がない」と判断してしまうのです。


ロスミンローヤルで効果なしの特徴まとめ

ロスミンローヤル 効果ない,ロスミンローヤル 効果

・1日3回(9錠)の用量を守れていない
・せっかちになって途中で飲むのを止めてしまう

以上の内容が多数を占めます。

3ヶ月経っても効果がないという方もいらっしゃるでしょう。

それは、年齢を重ねる毎に肌のターンオーバーが遅れてしまう事が大きく関わってきます。

シミや小じわは肌のターンオーバーによって改善されるものなので、そもそも20代のお肌と40代のお肌では肌再生力が違います。
また、血流が悪く冷え性体質の方も肌のターンオーバーが遅れがちなので、まずは代謝を上げるようにしましょう。

ロスミンローヤルが長く愛されるのは、9種類の生薬を含む22種類の有効成分の中で血行改善の働きをするものがあります。
これによって代謝が上がり、肌のターンオーバーも促進されていきます。

年齢や体調、体質によって少々時間がかかるかもしれませんが、飲み続けることでお肌だけなく体への変化も感じられるようになるので、まずは3ヶ月~6ヶ月様子を見て欲しいというのが本心です。

⇒今だけ75%OFF!ロスミンローヤル公式サイト