シミやそばかすに効果があるとされているロスミンローヤルですが、シミの一種である肝斑にもアプローチするのでしょうか?
肝斑はシミの中でも治りにくいと言われていて厄介な存在であることは確かです。

このページでは、シミに効果があると認められているロスミンローヤルは、厄介な肝斑への効き目はあるのか紹介していきます。


肝斑について知っておく必要がある

肝斑の主な原因は、女性ホルモンの減少や乱れにあると言われています。

そう言えば肝斑について調べた時に、肝斑を発症するのは30代~40代女性に多いと必ず書かれています。
丁度、女性ホルモンが減少するなど体に変化が出る時期ですもんね。

肝斑が肌に現れるキッカケとしては、妊娠・経口避妊薬の使用があげられるそうです。

もし30代で肝斑を発症しても薄くて気づかないということもあるようで、更年期である40代後半くらいから肝斑の悩みが深刻になることが多いようです。

肝斑は女性ホルモンの減少や乱れが原因と言いましたが、紫外線も無関係ではないことは知っておいてください。
薄く目立たない肝斑でも紫外線を大量に浴びることで濃くなってしまうので要注意です。

また、肝斑が出来たからと言ってシミやそばかすが出来ないとも限りません。
シミもソバカスも肝斑もできやすい肌環境になっている可能性は避けられない事実だと思って、紫外線対策、美白化粧品等を使いケアを怠らないようにしましょう。


肝斑の原因が分かったので対処法について

肝斑の原因は、女性ホルモンの減少や乱れから来るものと分かったところで…
対処法はどういったものがあるのか調べてみました。

肝斑はトランシーノというトラネキサム酸が配合されている薬で治療をします。
トラネキサム酸は、肝斑の原因でもあるプラスミンの働きを抑制する効果があるとのこと。

肝斑の場合は、内服薬と肝斑船用レーザーのコンビ治療が有効とされています。
通常のシミ用レーザー治療では悪化の恐れがあるので、気をつけましょう。

スキンケアは?肝斑の場合はどうするのか?美白ケアをすると改善するのか?という疑問が残ります。
肝斑の場合、一般的な美白ケアでは症状が治まらないのが特徴です。

なので、肝斑船用レーザーと内服薬のコンビを使った治療が効果的という結論になります。

肝斑の場合は、保険適用内になる場合もあるので医師に相談してみるといいですね。


ロスミンローヤルの肝斑への効果はあるのか?

結論から言うと、ロスミンローヤルでも肝斑を改善することが出来ます。

それは、ロスミンローヤルの成分にヒントがあるからです。
メラノサイトに働きかける成分とホルモンバランスの乱れを調整してくれる生薬が配合してあるため、肝斑の予防・ケアをすることが可能になります。

メラノサイトに働きかける成分

ロスミンローヤルに配合されていて、メラノサイトに働きかける成分は「L-システイン」と「ビタミンC」です。

L-システインは、アミノ酸の一種で、日常の食事から摂取することが難しく欠乏しやすいためサプリメントなどで摂取することが必要です。
また、ビタミンCとの相乗効果でシミの原因となる過剰なメラニンの発生を抑制します。

そのビタミンCは、メラニンが生成されるときに発生するドーパという成分をブロックする働きもあって、シミを予防する美白成分の1つとして注目されています。

このL-システインとビタミンCの配合成分がメラニンの過剰分泌を抑制する働きと、すでに沈着しているメラニンを排出することで肝斑を改善することができます。


ホルモンバランスの乱れを調整する生薬

ロスミンローヤルはただのシミ用医薬品ではなく、血流促進やホルモンバランスの乱れを調整する生薬が配合してあるのが特徴です。

その為、シミを改善させるための方法とはアプローチ方法が違う肝斑にも改善が見込めるのがロスミンローヤルです。
普通のシミ用医薬品では、肝斑を改善する働きがあるものは含まれていません。

肝斑は女性ホルモンの減少や乱れが原因というお話をしてきました。
ホルモンバランスを調整することで肝斑を予防しケアすることが可能になります。

ロスミンローヤルには漢方由来の生薬成分、ニンジンやブクリョウなど9種類の生薬の力で、ホルモンや自律神経のバランスを整えることが出来ます。

ロスミンローヤルを生活に取り入れることで、ホルモンバランスを常に整えることで、肝斑の出来にくい肌へと改善が期待できると言っていいでしょう。

⇒今だけ75%OFF!公式サイトはこちら