ロスミンローヤル 副作用,ロスミンローヤル 妊娠中,ロスミンローヤル 授乳中

ロスミンローヤルの効果効能に「妊娠授乳期の栄養補給」と書かれてあるので、妊娠中・授乳中も安心して服用できます。

服用できることはわかったけど、副作用の心配はないのでしょうか。
妊娠中・授乳中にロスミンローヤルを飲んだ場合の効果や注意点についてもう少し詳しく紹介します。


妊娠・授乳期は栄養補給としての役割

ロスミンローヤルはシミや小じわに効果がある医薬品ですが、妊娠・授乳期は栄養補給としての役割が期待できます。

ホルモンバランスが乱れてしまう妊娠授乳期は、食欲不振になってしまいます。
ですが、自分の栄養は赤ちゃんへの栄養にもなるので無理してでも栄養バランスが整った食事を摂らなければいけません。

そんな時の栄養補給にもなります。

服用の前に必ず担当医に相談しましょう

ロスミンローヤルは第三類医薬品なので、一般用医薬品のうち安全・健康上のリスクが比較的低い医薬品に分類されています。

第三類医薬品は、服用することで日常生活に支障をを来すレベルのものが区分されます。例えばビタミン剤や整腸薬などが第三類医薬品に含まれます。

ただ、医薬品であることは間違いないので使用前に必ず担当医に相談しましょう。

特に、薬でアレルギー症状を起こしたことがある方や別の処方薬を服用している人は注意が必要です。
ロスミンローヤルには付属している成分表がありますので、持っていくとより確実に判断してもらえます。


ロスミンローヤルの過剰摂取は要注意です

談三類医薬品のため、副作用のリスクが低いお話はしました。
それでも過剰摂取すると副作用を引き起こす可能性があります。

ロスミンローヤルで最も多いのが、「お昼のランチを抜いてしまって飲むタイミングがなかったから、夜にまとめて飲んじゃおう!」という服用も過剰摂取となるので注意しましょう。

ロスミンローヤルの1回の用量は3錠です。
決められた服用方法で安全に使用しましょう。

胃の中が空っぽの時にロスミンローヤルを飲むと胃が荒れてしまう可能性が高いので、必ず食後に飲むようにしてください。

【用法用量】
ロスミンローヤルは1日3回、1回3錠。
食後30分以内に水かぬるま湯で飲みましょう。

※15歳未満は服用しないでください

⇒今だけ75%OFF!ロスミンローヤル公式サイト