ロスミンローヤル

目尻にシワがあると、年齢よりも老けて見られる、
というのは、否めませんよね。

目尻にシワがあるだけで、スタイルが良いとしても
顔を見ると結構年なのかな?
と感じさせてしまうので、悲しいものです。

このやっかいな目尻のシワを深くしないための対策方法、
改善方法、予防方法などには、
どんなものがあるのでしょうか?

目尻のシワの種類

目尻のシワには、種類があるので一つずつ見てみましょう。
あなたはどれに当てはまりますか?

ちりめんジワ

別名、乾燥小ジワと言われている目尻のシワです。

これは、肌の潤いが不足してしまったために出来、
肌が加齢によって保水力が低下している、
ということを表しています。

まだ浅いシワですので、ケアを正しく行えば、
目立たなくすることが可能です。

表情ジワ

別名、笑いジワ、カラスの足跡と言われている目尻のシワです。

よく笑うとシワが出来ますが、そのシワのことです。

表情を変えた時に、シワも一緒になくなれば良いのですが、
形状記憶してしまってシワが残ると嫌ですよね。

年齢と共に、形状記憶されやすいシワです。

加齢ジワ

別名、真皮性シワと言われている目尻のシワです。

年齢と共に、真皮のコラーゲンが少なくなることが原因で
目尻にシワが出来てしまいます。

肌の弾力がすくなくなるため、ハリがキープ出来なくなるんです。

目尻のシワをこれ以上深くしないためには?

目尻 シワ,ロスミンローヤル

目尻にシワが出来た、と落ち込んでいる方も
これ以上深くしないように、今すぐ対策を始めた方が
絶対に良いです。

まだシワが浅ければ、十分改善することも出来ますので、
出来ることから始めてみましょう。

シワ改善効果がある化粧品を使う

シワ改善効果がある成分は、ビタミンC誘導体です。

この成分が入っている化粧水などを使って毎日ケアすると
肌に弾力が戻り、潤いも蘇ってきます。

肌の保湿が大事なので、コラーゲン生成する作用がある化粧品を
積極的に使うようにしましょう。

プチ整形する

プチ整形とは、コラーゲンやヒアルロン酸を目尻に注射する、
という方法です。

即効性がありますので、人気がある方法ですが、
シワの原因に直接働きかける方法ではないので、
定期的に何度も施術してもらわなくてはいけません。

痛みや副作用なども起きたりしますので、
必ずしも誰にでも効果がある改善方法ではありません。

そして、お金もかかる方法ですので、
ずっと続けるのは難しいかもしれません。

サプリメントや医薬品を摂取する

外からのケアだけではなく、体の中からのケア、
サプリメントや医薬品を摂取する
インナーケアも忘れてはいけません。

シワに効果がある成分を摂取することで、
体の中からシワを改善、予防することが出来ます。

おすすめの成分は…

保水力抜群でハリアップのヒアルロン酸。

コラーゲン・エラスチン産生促進のイソフラボン。

シワやたるみに効果的なプラセンタ。

角質層のバリア機能をアップするセラミド。

コラーゲン生成してシワに効果的なビタミンC。

これらの成分を摂取することで、
目尻のシワを改善したり、予防することが出来ます。

目尻のシワが気になった時は、
まずはどのくらいの深さのシワなのかをチェックし、

適切なケアを始めるようにしましょうね。