小じわの原因は乾燥。
じゃ、なぜ肌が乾燥するのか?乾燥の原因を知ればどんな対策が出来るのか明確になります。

そもそも肌が乾燥するのはなぜなのでしょうか。

保湿が足りないから?

それも一理ありますが、肌のターンオーバーが遅れがちになっているのかもしれませんね!
肌のターンオーバーと乾燥肌の関係性ってあるの?と思うかもしれませんが、あるんですよ。

ターンオーバーというのは入れ替わるという意味で美容分野では表皮の生まれ変わるのことをさしています。
このターンオーバーによって表皮細胞は絶えず入れ替わるので表皮にできた傷は痕が残らずに治ります。
しかし表皮を超えて真皮まで傷がついてしまうと真皮はターンオーバーしていないので痕が残ってしまうのです。

美肌には重要なターンオーバーですが、年齢と共に速度が落ちて40代になると28日周期だったのが約40日ほどっかると言われています。
このため傷の治りも遅くなりシミもできやすくなるのです。

また、古い角質が剥がれおちずに肌に残るため、角質層は厚くなり、角質層以下の表皮は薄くなります。
肌がくすみ、硬くなる、乾燥が治らない、小じわができると言った状態が見られるのは、ターンオーバーの速度が落ちている証拠なのです。

このことからも分かる通り、肌の乾燥とターンオーバーには深い関係があります。
あhだのターンオーバーを促進させることで乾燥肌だけでなく、くすみ、ごわつき、小じわなどが改善されていきます。

肌のターンオーバーを促すためにできること

肌のターンオーバーを促すためにできることで、肌の外側からできることはピーリングとセラミドで保湿すること。
ピーリングは固くなった古い角質を取り除き、肌をやわらかくするため。
そして、セラミド配合の美容液かクリームで保湿をすること。これは角質層の水分量とセラミドの量に比例するのです。
そしてヒアルロン酸は年齢と共に減少していきます。だから年齢と共に肌が乾燥しやすくなるのです。
角質のバリア機能の低下から乾燥や肌荒れが生じるのですが、角質バリア機能が低下するのは表皮のセラミドが減少するから。

肌の内側からのケアは、代謝をアップさせる事。
血流が良くなるように適度な運動とビタミンを摂るようにすれば新陳代謝がアップして肌のターンオーバーを促すことが出来ます。

最近はシミや小じわに効果がある医薬品が出ていて、生薬配合のため血流が良くなって体の内側から体質を改善することができます。
SNSでも拡散されているので見たことがある亜もしれませんが、「ロスミンローヤル」という第3類医薬品です。
女性特有の冷え性、肩こり、腰痛などの悩みも解消してくれる、シミやそばかすにも効き、国内で唯一小じわに効く医薬品として注目されているものです。

乾燥肌は肌表面だけの問題ではなく、肌の内側、加齢、ストレス、睡眠不足、運動不足など様々なことも原因となっています。
またコスメの使い過ぎで肌が敏感になっているとも言われていて、乾燥肌になりやすいともされています。

肌の外側と内側からのケアを取り入れて、小じわの出来にくい肌質へと作り上げていきましょう!