ロスミンローヤル,肝斑 シミ 見分け方

肝斑とシミは、同じものと思っている方がいると思いますが、
実は見分け方があるんです。

肝斑なのか、ただのシミなのかの判断を間違うと、
正しいケア方法でケアをすることが出来ず、
悪化させてしまうこともあります。

まずは、肝斑とシミの見分け方が違うということを知り、
自分の気になっているものはどちらなのか、
確認してみましょう。

肝斑とシミの見分け方

それぞれの特徴をご紹介しつつ、
違いについて知ることにしましょう。

肝斑

肝斑は、頬骨辺りや目尻の下辺りに、
に左右対称に出来ます。

おでこや口の近くにも出来ることがあります。

輪郭がはっきりしておらず、薄っすらとした褐色で、
割と広い範囲にもやっとした感じで広がって出来ることが
多いです。

シミは、若くても出来ることがありますが、
肝斑は30~40代の方に出来るものです。

そして、50代後半頃になると薄くなったり、消えたりします。

肝斑が出来始める年齢と、薄くなる年齢を考えると、
女性ホルモンが関係しているということがわかります。

肝斑は、妊娠・出産などがきっかけで
女性ホルモンが乱れたりすると出来やすいです。

シミ

シミは、主に紫外線を浴びたことが原因で出来ます。

紫外線を浴びると、紫外線から肌をガードするために
メラニンを生成します。

通常ならばターンオーバーで排出されてしまうのですが、
紫外線を浴び過ぎて過剰にメラニンが生成されたり、
ターンオーバーが乱れていると肌に残り、
色素沈着してシミになります。

シミは肝斑のように左右対称に出来ることはありません。

小さく点々と出来てしまったり、
大きいものが一つ出来てしまったり、
場所もいろいろです。

このように肝斑とシミの見分け方や出来る原因は違います。

肝斑は、左右対称に出来るが、シミはそうではない、
ということがわかったと思います。

肝斑とシミ それぞれのケア方法

肝斑とシミは、見分け方や出来てしまう原因なども違うため、
ケア方法も同じではいけません。

肝斑のケア方法

紫外線が原因で出来るシミとは違いますが、
浴びることでさらに濃くなることはありますので、
紫外線対策はしっかり行わなくてはいけません。

肝斑のケア方法は、内服薬で行う方法が有名です。

トラネキサム酸という成分が配合されている内服薬を
摂取します。

これは、メラニンの生成を抑制してくれる美白薬です。

そして、内服薬と一緒にハイドロキノン配合の外用薬も使います。

この成分もメラニン生成を抑制してくれる成分です。

その他に、レーザー治療を行うことも効果的ですが、
通常のシミ用のレーザー治療を行ってしまうと
肝斑が悪化することがありますので、
医療機関などにしっかり相談してから行いましょう。

シミのケア方法

何といっても紫外線対策です。

外に出る時はもちろん、家の中にいるときも
窓ガラスを通して紫外線は浴びてしまいますので、
日焼け止めは毎日塗るようにした方が良いですね。

今あるシミをこれ以上濃くすることなく
目立たなくするように、ビタミンC誘導体やハイドロキノン配合の
美容液などを使ってスキンケアを行いましょう。

トラネキサム酸やルシノールなどの美白成分もおすすめで
スキンケアをする時は、惜しみなく使うようにしましょう。

肝斑とシミの見分け方とケア方法をご紹介しました。

きちんと見分けて、正しいケア方法で
自分の肌を毎日お手入れすると良いですね。

>>肝斑にもOKの内服薬♪