ロスミンローヤル,肝斑 シミ 見分け方

気付いたら両方のほほがシミだらけになっていた!!
という経験がある方、きっとたくさんいると思います。

こんなに急に、しかも両方のほほにシミなんて…
と驚いた方、それはシミではなくて肝斑かもしれません。

シミと肝斑は、どう違うのでしょうか?

シミと肝斑の違い

シミは、紫外線を浴びたことは原因で出来るものです。

紫外線を浴びると、肌は紫外線から肌を守るために
メラニンが生成されます。

そして、ターンオーバーによって生成されたメラニンは、
外に出されてなくなってしまうのですが、
ターンオーバーが乱れてしまったりすると、
排出されることなく肌に残って色素沈着し、シミになるんです。

紫外線対策を行わずに長時間紫外線を浴びてしまったりすると、
過剰にメラニンが生成されてしまい、
全てが排出出来なくなりますので、注意しなくてはいけません。

シミの特徴として、左右対称に出来るということは
あまりありません。

肝斑は、左右対称に頬骨に沿って出来たり、
目尻の下周辺に出来たりします。

わりとぼんやりした感じで出来、輪郭がはっきりとしていません。

薄めの褐色で左右対称に広範囲にわたって出来るのが特徴で、
30~40代に出来ることがほとんどです。

50代後半になったり、閉経することで出来なくなることから、
女性ホルモンが関係して出来ると言われています。

その他に、ストレスも関係しています。

そして、紫外線を浴びることでさらにひどくなることもあり、
紫外線対策はしなくてはいけません。

シミと肝斑はケア方法が違う?

今までシミと思ってものが、実は肝斑だった…

しかし、ケア方法は同じで良いのかな?
と思う方も多いと思います。

シミと肝斑は出来てしまう原因が違うので、
ケア方法も変えないといけないんです。

シミのケア方法

シミは、一番の原因が紫外線を浴びることですので、
紫外線対策を徹底しなくてはいけません。

日焼け止めをしっかりと塗り、時間が経ったら塗り直し、
外出する際は日傘を差したり、帽子をかぶったりしましょう。

外に出ないという日も、
窓を通して紫外線を浴びてしまうので、
朝から日焼け止めは毎日塗るようにしましょう。

スキンケアでは、化粧水や美容液を使う際は、
ビタミンC誘導体やハイドロキノン、トラネキサム酸やルシノール、
といった美白成分が配合されているものを選んで使いましょう。

使う時には、たっぷりと使うようにしましょうね。

肝斑のケア方法

肝斑は、女性ホルモンが原因で出来ると言われてはいますが、
紫外線を浴びることでさらに濃くなってしまうことがあるので、
シミのケアと同様に紫外線対策は行わなくてはいけません。

肝斑のケア方法では、トラネキサム酸を内服することが
効果的です。

トラネキサム酸は、メラニンの生成を抑制してくれる
美白成分です。

市販薬でも売られていますが、皮膚科に肝斑の相談に行くと
処方してもらうことも出来ます。

そして、内服薬の他に外用薬を塗るという方法もあります。

内服薬と同様に、メラニン生成を抑制してくれる
ハイドロキノンが入った外用薬を塗ってケアします。

肝斑の場合は、シミとの判断も出来ないこともありますので、
皮膚科に行って相談してみると良いかもしれません。