ロスミンローヤル,肝斑 シミ 見分け方

今まではシミに悩まされることはなかったのに、
30代に入った途端にシミがどんどん増えるのはなぜ?
という方、実はたくさんいるんですよね。

どうして、30代に入るとシミは増えるのでしょうか?

そして、シミは肌の内部に隠れているそうですが、
それを表面化させない方法などはあるのでしょうか?

30代に入るとシミが増える理由

ロスミンローヤル,肝斑 シミ 見分け方

30代に入ると、シミはどうして増えるのか、
不思議に思いますよね。

しかし、原因を知れば対策することが出来ますよ。

30代に入ると、今まで肌の内部に隠れていた
シミ予備軍のメラニン色素が表に出て来てしまいます。

全身の新陳代謝や肌のターンオーバーの周期が
乱れてくることが多くなるのも30代です。

それまでは、ターンオーバーが定期的に行われていて、
メラニンがしっかりと排出されていたので、
シミを作ることなく新しい肌になっていました。

しかし、30代に入ってターンオーバーが乱れてしまうと、
メラニンは排出されずに残ってしまい、
色素沈着してシミとなってしまうんです。

そして、もう一つの理由は、
女性ホルモンが関係しています。

もともと、女性ホルモンはメラノサイトを活性化させる、
というやっかいな作用を持っています。

最近の30代は、妊娠や出産をする方が多いですが、
それがきっかけでシミが増える、濃くなる、
という方がたくさんいます。

そして、30代は子育てや仕事に忙しい方も多いので、
自分に時間をかけることがなかなか出来ず、
スキンケアも以前よりもしっかり出来ないことがあります。

子育てでは、子供に合わせて外に出ることも多々あり、
紫外線を浴びることも増えますので、
本来ならばもっとしっかりスキンケアなどを
しなければいけないのですが…。

そして、ストレスからホルモンバランスが乱れる、
ということも少なくはありませんので、
活性酸素がメラノサイトを刺激し、シミを増やします。

それから、30代に入ると、弾力や潤いをキープする
コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸量が減るため、
乾燥肌になりやすくなります。

乾燥肌になると、肌はいろいろな悪影響を受けやすくなり、
紫外線からのバリア機能も急激に落ちてしまい、
シミが増える原因となってしまうんです。

シミを表面化させないためには

肌の内部に潜んでいるシミの予備軍を表に出さないためには、
行わなくてはいけないことがたくさんあります。

肌のターンオーバーを正常にするように、
ビタミンを摂取したり、積極的に体を動かしたり、
質の良い睡眠を取るようにしましょう。

食事からビタミンを摂るのが難しいという方は、
サプリなどを活用しても良いと思います。

スキンケアは、美白化粧品を使って行いましょう。

ビタミンC誘導体やハイドロキノン、アルブチンといった
成分が配合されている美白化粧品を選び、
毎日朝晩しっかりとスキンケアを行います。

乾燥肌の方は、保湿ケアにも力を入れて、
乾燥している状態にしないように気を付けましょう。

毎日、外出をしない日でも紫外線対策は行います。

オールシーズン紫外線を浴びることはありますので、
季節を問わず、日焼け止めを愛用することをおすすめします。

今までシミに悩まされていなかったという方も
30代に入るとシミが増えることはよくありますので、
スキンケアや生活習慣などを見直してみるようにし、
これ以上増やさないように努力しましょう。